Activity

サイト管理人のActivityです。

活動一覧

二兎追うものは一兎も得ず

今日で5月も終わりです。つい先日、年が明けたと思っていたら、もう今年に入って半年近くも経ってしまいました。時が経つのは早いものですね。このまま、今年も何も達成することなく、ズルズルとあっという間に終わってしまうかもしれません💦。いつの間にか、もう既に4年以上も英語学習に時間を費やしております。しかし、まだ全然英語のスキルが身についておりません💦。そこで、一念発起して一から(基礎から)徹底して学習しなおそうと思い、Atsueigo Schoolに5月21日から半年間、お世話になることにしました。

私がリスペクトしているある芸能人が言っておられました。白米を10年以上も食べていないのだそうです。なのでよほど白米が嫌いなのかなと思いきや、実は白米が大好きなのだそうです。ではなぜ白米を食べないのか?というと、”二兎追うものは一兎も得ず”と言う諺の通り、夢を達成したいこと(一兎)があるので、敢えて大好きである白米を食べること(一兎)を断念し、一兎だけを追うことにしたのだそうです。

このことに学び、私も半年前から、オナ禁(笑)を最低一年決行することにしました。えっ、てことはそれが好きなこと(笑)、つまり一兎なの?とイジられてしまいますね(笑)💦。まあ、兎に角、そう決めたのだからこれは最低、あと半年は続けるつもりです。当然、ここ半年以上もの間、変(笑)なサイトにアクセスもしていませんし、これからも恐らく一生アクセスはしないでしょう。当然、私の部屋をあさっても何も出てきませんよ。(何やら変な胸騒ぎがしたので宣言しておきます。)まあ、監視されていることが分かっていてそんなことするアホはいませんよね(笑)。

まあ、冗談はさておき、これから最低半年間、Atsueigo Schoolを中心に英語学習に注力する予定です。TOEIC L&R 900点突破、いや860点にしておこうかな💦、英検準一級以上取得を目標に頑張っていこうと考えております。以上、近況報告でした。

My Half Life(私の半生):添削前

これは添削前のコンテンツです。添削後のコンテンツはこちらをクリックしてください。→ 「ここ」

また、現在進めている「英語学習」のカテゴリーはこちらです。→ 「ここ」

「英語学習」コンテンツリスト

Japanese climate

My favorite music

Transportation Network in Japan

My favorite seasonal flowers in Japan

Intoroduction of Japan:食文化

Introduction of Japan:スポーツ編

Introduction of Japan

一人英会話支援サービス

また、「ブログ」のカテゴリー、届いていないことを懸念して(笑) → 「ここ」

同様に、「動画」のカテゴリー(笑) → 「ここ」

 

★ My kindergarten days  私の幼稚園時代

Kindergarten where I attended had yellow, blue and white groups from the lower grades. I attended from blue group for two years. I seemed to be an active child. So I was able to do an inverted ascent and ride a bicycle without assistance at that time. I only remember that I always took the frontmost chair on the bus when I came back home from kindergarten and got along with a bus driver.

私が通っていた幼稚園は、低学年から黄組、青組、白組がありました。私は2年間、青組から通いました。私は活発な子どもだったようです。だから、当時は逆上がりができたし、自転車も補助輪なしで乗れた。幼稚園からの帰り道、バスではいつも一番前のイスに座り、バスの運転手さんと仲良くなったことだけは覚えています。

★ My elementary school days  私の小学生時代

In the early grades of elementary school, I didn‘t get good grades because I was not much interested in study, but I was just good at arts and crafts subject and also physical education. When I was in the third grade, since I became head class representative, I remember the teacher in my second grade told me that I was moving up in the world.

小学校低学年の頃は、勉強にあまり興味がなかったので成績は良くなかったのですが、図工の科目と体育の科目だけは得意だったんです。小学校3年生の時、学級委員長になったので、2年生の時の先生から「出世したね」と言われたのを覚えています。

When I was in elementary school, I really liked collecting insects, I was especially into collecting stag and rhinoceros beetles in summer. There was a forest called DONGRIYAMA. I enjoyed collecting stag and rhinoceros beetles there every summer. In those days, a friend of mine who lived in kouya town taught me a secret tree in a  forest in kouya town where we could collect so many rhinoceros beetles. In spite of summer, we put on a long-sleeved shirt and long pants because we were afraid that insects stang us and we pushed our way to the secret tree. Finally, I remember we could see the tree where there were five or six beetles. It is a precious memory of mine.

小学生の頃は昆虫採集がとても好きで、特に夏場はクワガタやカブトムシを採集するのに夢中でした。どんぐり山という森がありました。そこで毎年夏になると、クワガタやカブトムシを採集するのが楽しみでした。当時、高野町に住んでいた友人から、高野の森にあるカブトムシがたくさん採れる秘密の木を教えてもらいました。夏にもかかわらず、虫に刺されるのを恐れて長袖シャツと長ズボンを着て、秘密の木まで突き進みました。そしてついに、カブトムシが5、6匹いる木が見えたのを覚えています。大切な思い出です。

I‘ve always loved sports since I can remember. I was much more good at ball games than martial arts because I was confident in not powerfulness but handiness. So although I went to kendo dojo for about two years from the fifth grade, I remember I was sometimes frustrated that I lost underclassmen. The reason why I started to practice kendo is because my best friend went there. He was the strongest among the dojo. I envied him. However, he moved to syuzenji, shizuoka prefecture where there is cycle racing school because his father went from cycle racer to cycle racing instructor. It is a sorrowful memory of mine. But, I remember I went on a trip to his house on summer vacation and I enjoyed nature such as harpooning ayu and yamame in the river.  Since I was confident in not instantaneous force but stamina, I was good at endurance running. Also, I went to a public facility to learn to ride a unicycle at that time. I remember that I was able to ride an unicycle fastest of participants perhaps because I was good at ball games. I have an experience to participate in a local competition. I acquired second grade in sports test when I was in fifth grade. Not bad, right?

私は物心ついたときからスポーツが好きでした。力強さではなく、手先の器用さに自信があったので、武道よりも球技の方がずっと得意でした。だから、小学5年生から2年間ほど剣道道場に通っていましたが、下級生に負けて悔しい思いをすることもあったのを覚えています。そんな私が剣道を始めたきっかけは、親友が通っていたことです。彼は道場の中で一番強かった。羨ましかったですね。しかし、父親が競輪選手から競輪の指導者になったため、競輪学校のある静岡県修善寺に引っ越した。それは私の悲しい思い出です。でも、夏休みに彼の家に旅行に行って、川でアユやヤマメを銛で突いたりして、自然を満喫した記憶があります。  瞬発力ではなく、体力に自信があったので、持久走は得意でした。また、当時は公共施設に通って一輪車を習っていました。球技が得意だったためか、参加者の中で一番早く一輪車に乗れたことを覚えています。地元の大会に出場した経験もあります。小学校5年生のとき、スポーツテストで2級を取得しました。なかなかでしょう?

Our school made it a rule to demonstrate drum and fife band at a field day when we were in fifth grade. So I practiced playing trumpet for about a year to play it at the event. But, I had much trouble improving trumpet skills. So I realized I don‘t have my musical talent at the time. So I don‘t play any musical instruments  now. In the upper grades of elementary school, I went to Calligraphy Class to practice calligraphy. I am proud that Nippon Budokan Prize went to me in sixth grade.

私たちの学校では、小学5年生の時に運動会で鼓笛隊の実演をすることがルールでした。そこで、そのイベントで演奏するために、1年ほどトランペットの練習をしました。でも、トランペットの技術がなかなか上達しなくて、とても苦労しました。そこで、当時、自分には音楽の才能がないことに気がつきました。だから、今は楽器を演奏していません。小学校の高学年になると、書道教室に通い、書道の練習をしていました。小学校6年生の時に日本武道館賞を受賞したことは、私の誇りです。

I became much interested in science and mathematics since about fifth grade. But I was not good at faculty of Arts Subjects. At that time, I had a habit of collecting, so I collected Key holders , pennants and Gundams of plastic models I made. My memory of elementary school days is about it.

小学校5年生くらいから、理科や数学に興味を持つようになりました。でも、文系科目は苦手でした。当時は収集癖があり、キーホルダーやペナント、自分で作ったプラモデルのガンダムなどを集めていました。小学生時代の思い出は、こんなところでしょうか。

★ My junior high school days  私の中学生時代

I belonged to basket ball club when I was in junior high school. I played point guard because of my dexterity. The highest grade of our team was third prize in west of the prefecture. Not bad, right ? At that time, Our school made it a rule to do club activity before school and also after school. Several members of our team including me even jogged before morning club activity when jogging competition approached. we did our best. We were young, weren‘t we ? In jogging competition, I was in the top twenty in my grade.

中学時代はバスケットボールに所属していました。器用なのもあってポイントガードをやっていました。チームの最高成績は県西で3位でした。悪くないでしょ?当時、うちの学校では、部活は始業前と終業後にやる決まりになっていました。ジョギング大会が近づくと、私を含め何人かの部員は朝の部活の前にジョギングをして、頑張りましたよ。若かったですね。ジョギング大会では、学年で20位以内に入りました。

At that time, I was first or second shortest of my class. Compared to an average height of Japanese, although I am short even now. I remember that the teacher sometimes told me that I had a little restless.

当時、私はクラスで1、2を争うほど背が低かったんです。日本人の平均身長と比べると、今でも低いのですが。先生から「ちょっと落ち着きがない」と言われることもありました。

In sophomore year of junior high school, Tsukuba Science Expo 85 hold. Since the place where it was hold was near my house, I went there many times. One of my favorite pavilions was TEKKOUKAN. In those days, 3D movie was rare. So I was especially interested in why we can see movie as 3D. Then I was excited when I knew this structure. Also, I could understand that the reason why we have two eyes is to see objects as 3D. I‘ve loved science since then.

中学2年の時、つくば科学万博85が開催された。開催場所が家の近くだったので、何度も行きました。その中でも特に好きだったのが鉄鋼館です。当時は3D映画が珍しい時代でした。そのため、なぜ3Dで映画を見ることができるのか、特に興味がありました。そして、この構造を知ったとき、私は興奮しました。また、目が2つあるのは、立体的に見るためだと理解できました。それ以来、理科が大好きになりました。

In my senior year of junior high school, Interclass singing contest took place and Championship went to our class. The song our class sang was “sayonara“ produced by Off Course. After that, we entered a competition as a prize for winning. I‘ve set the cassette tape at that time aside as yet. To tell the truth, I can‘t say it sounds marvelous. So whenever I hear it, I always let out a laugh. It is a precious memory of mine.

中学3年の時、クラス対抗の歌合戦があり、優勝は私たちのクラスでした。歌った曲は、オフコースの「さよなら」です。その後、優勝の特典としてコンクールに出場しました。その時のカセットテープはまだとってあります。正直なところ、上手とは程遠いです。だから、聴くといつも笑ってしまいます。私の大切な思い出です。

★ My high school days  私の高校時代

I enrolled in Mitsukaido Daiichi High School. I belonged to valley ball club in my high school. I played setter. Our team didn‘t do so well in a competition. At the time, I gave our team a lot of trouble due to my lack of powerfulness. So I remember I sometimes did muscle training after club activity. We stopped by small-time candy store after club activity and always talked with each other while eating small-time candy. It was fun and a precious time of me.

水海道第一高等学校に入学しました。高校では、バレーボール部に所属していました。セッターをやっていました。大会ではあまりいい成績が残せませんでした。当時、私はパワー不足でチームに迷惑をかけました。そこで、部活の後に時々筋トレをしていたのを覚えています。部活の帰りに駄菓子屋に寄って、駄菓子を食べながらいつも話をしていました。楽しくて、私の貴重な時間でした。

I was not doing so much well at school at the time because I was into club activity, neglecting my studies. But, I am only good at Physical education (laugh). In my senior year of high school, my right eyesight was getting bad sharply. But my left eyesight keeps good as yet. Fortunately, I can see sights ordinarily with both eyes without glasses and I am not even getting presbyopia because I can see objects at close range due to myopia in my right eye. I am so happy. By the way, Early in my senior year of high school, I mastered Harmonica Fluent Sonic of pen spinning (laugh). After my club activity ended in my senior year of high school, I devoted myself to my studies due to enrolling in college. But, I failed to pass entrance examination due to too short time I focused on studying. So I decided to be a ronin.

当時は部活に夢中で勉強がおろそかになり、学校の成績はあまり良くなかったんです。でも、得意なのは体育だけ(笑)。高校3年のとき、右目の視力が急激に悪くなりました。でも、左目はまだ大丈夫。幸いなことに、メガネをかけなくても両目で普通に景色が見えますし、右目が近視のため、近くのものが見えているので、老眼にもなっていないんです。嬉しい限りです。ちなみに、高校3年の初めには、ペン回しのハーモニカ・フルート・ソニックをマスターしました(笑)。高校3年生で部活が終わり、大学進学のため勉強に打ち込みました。しかし、勉強に集中する時間が短すぎたのか、合格することができませんでした。そこで、浪人することにしたんです。

★ My ronin days  私の浪人時代

I decided to join Kawaijuku at sendagaya and live in a dormitory at shinkoiwa. At the time, I became particular interested in physics. So I gave almost all my time to studying only physics. To be honest, I talked with my friends in the dormitory longer than studied. I was not very good at English at the time. I regret I should‘ve focused on studying English at the time. If I did, My horizon would be broadened now. What is done is done. I couldn’t help it.

千駄ヶ谷の河合塾に入り、新小岩の寮に住むことにしました。その頃、私は特に物理に興味を持つようになりました。だから、ほとんど物理の勉強だけに時間を割いていた。正直なところ、勉強よりも寮で友人と話す時間の方が長かったです。当時は英語もあまり得意ではありませんでした。あの時、英語の勉強に専念しておけばよかったと後悔しています。そうすれば、今頃はもっと視野が広がっていたかもしれません。済んだことは仕方ない。どうしようもなかったですね。

★ My college days  私の大学時代

I enrolled in Tokyo University of Science. I majored in electrical engineering. I belonged to a tennis circle. Our tennis circle focused on events. I am a precious memory that our circle went on a trip to Niseko Ski Resort at hokkaido prefecture and enjoyed skiing. So few members devoted ourselves to practicing tennis. But I was into playing tennis. I gave all my free time to playing tennis, neglecting my studies. I focused on doubles game because it was fun to breathe in sync with my partner. But we did not do so well in the competitions. At best, we were a third-round pick in local tournaments. I was not also doing so much well at school at the time because I was into club activity, neglecting my studies. But I did an instructor teaching math and science at the junior high school and high school level for about three years at the time. I remember it gave me pleasure to teach to children.

東京理科大学に入学しました。専攻は電気工学です。私はテニスサークルに所属していました。私たちのテニスサークルは、イベントを中心に活動していました。北海道のニセコスキー場へ旅行に行き、スキーを楽しんだことは貴重な思い出です。そのため、テニスの練習に打ち込むメンバーはほとんどいませんでした。しかし、私はテニスに夢中でした。勉強はそっちのけで、暇さえあればテニスをやっていました。呼吸を合わせるのが楽しくて、ダブルスに力を入れました。しかし、大会ではあまりいい成績が残せませんでした。せいぜい地元の大会で3回戦に進出する程度でした。また、当時は部活に夢中で勉強がおろそかになっていたので、学校の成績もあまりよくありませんでした。でも、当時3年間ほど、中学や高校生あいてに数学や理科を教える講師をやっていました。子どもたちに教えることが楽しくて仕方がなかったのを覚えています。

Late in my third year at college, our college made it a rule to conduct proficiency test. The contents of that test were electric circuit, electronic circuit and electro magnetics. At the time, I tried to demonstrate my ability as much as possible. That test resulted in grade in the teens out of about 150 students. My confidence came over at the time and I decided to enter Graduate School. Our college made it a rule to belong to a lab class in senior college and focus on research for a year at the time. I went to Ministry of International Trade and Industry Electronics Research Institute for a year at the time and I focused on acquiring engineering skills. I studied contents concerning Photovoltaic Materials. Finally, I was able to pass the national 1 type test and enroll in the Tokyo Institute of Technology Graduate school.

大学3年の終わり頃、うちの大学では学力診断テストを行うことが決まりました。その内容は、電気回路、電子回路、電磁気学であった。当時は、できるだけ自分の実力を発揮しようと頑張りました。結果は、約150人中10番台。その時、自信がついたので、大学院に進学することにしました。私たちの大学では、当時、4年生になると研究室に所属し、1年間研究に専念することがルールになっていました。私は当時、通商産業省の電子技術総合研究所に1年間通い、技術力を身につけることに専念しました。太陽光発電の材料に関する内容を勉強しました。そして、最終的に国家1種試験に合格し、東京工業大学大学院に入学することができました。

At the time, Our college made every effort to increase the number of students to work as government official of the 1st class. So I received following award by our college. I was so honored to received this award.

当時、本学は国家公務員1種になる学生を増やすことに全力を挙げていました。そこで、私は大学から次のような表彰を受けました。とても光栄なことです。

★ My Graduate school days  私の大学院時代

I enrolled in the Tokyo Institute of Technology Graduate school. But, after I enrolled in this school, I was worried about my lack of ability. After that, I became pessimistic, and I was worried a little about something I would never have been concerned about before. Actually, I cannot look back on those days without feeling depressed. My research theme was to integrate ferroelectric into semiconductor device. At that time, in my free time, all I did was to complain about my research. I think I was starting to get some personal issues from those day. At that time, on summer vacation, I went on a trip to transverse Hokuriku-Kinki Region by a rent-a-car with my classmates. First of all, we went to Noroshiro light house at the northern most tip of ishikawa prefecture and stayed there all night in the car. The night view full of a lot of stars there took away out breaths. After that, we enjoyed driving and did the sights of all over Hokuriku-Kinki Region such as Nachi Waterfall , Lake Biwa , Grand Shrine at Ise and so on. That is a precious memory of graduate school days. By the way, I managed to complete a masters degree.

私は東京工業大学大学院に入学しました。しかし、入学後、自分の能力のなさに悩みました。それからは悲観的になり、今までなら気にしなかったようなことも少しは気にするようになりました。実は、当時を振り返っても、落ち込むことなくはいられません。私の研究テーマは、強誘電体を半導体デバイスに融合させることでした。当時は、暇さえあれば、研究の愚痴ばかり言っていました。その頃から、個人的な問題が出てきていたように思います。その頃、夏休みにクラスメートとレンタカーで北陸・近畿横断の旅に出ました。まず、石川県の最北端にあるのろしの灯台に行き、そこで一晩中車中泊をした。たくさんの星が見える夜景に息をのみました。その後、那智の滝、琵琶湖、伊勢神宮など、北陸・近畿地方の観光スポットを巡り、ドライブを楽しみました。大学院時代の貴重な思い出です。ちなみに、私は修士課程をなんとか修了することができました。

★ My working life days  私の社会人時代

After I graduated Tokyo Institute of Technology Graduate school, I spent about three years doing semiconductor memory device development planning at Toshiba. During the training period, I went to Himeji Factory in order to train. At that time, I also went on a trip to transverse Shikoku by a rent-a-car with my colleagues on summer vacation. First of all, we rent a car at Okayama prefecture and crossed the Seto Inland Sea from Honshu to Shikoku via the Seto Ohashi Bridge. After that, We did the sights of all over Shikoku. We took a bath at Dogo Hot Spring, enjoyed eating Sanuki udon, toured many people who were practicing Awa Odori and so on. Also, we enjoyed several kinds of sightseeing spots such as Cape Ashizuri at the southern most tip of Shikoku and so on. I would say that it always gives me pleasure to drive all my life. In fact, It is a shame that I cannot look back on contents I worked without feeling depressed (laugh) . After I spent about three years working, I suffered from some personal issues and came back to my hometown.

私は東京工業大学大学院を卒業後、東芝で約3年間、半導体メモリデバイスの開発企画を担当しました。研修期間中は、姫路製造所に研修に行きました。その時、夏休みに同僚とレンタカーで四国縦断の旅にも行きました。まず岡山県でレンタカーを借りて、本州から瀬戸内海を渡り、瀬戸大橋を渡って四国へ。その後、四国をくまなく観光しました。道後温泉で入浴し、讃岐うどんを食べ、阿波踊りの練習をしている人たちを見学したりしました。また、四国の最南端にある足摺岬など、様々な観光地を楽しみました。私は、ドライブが生涯の楽しみとなりました。実は、仕事内容を振り返って落ち込むことができないのが残念なのですが(笑)。3年ほど仕事をした後、個人的な事情で故郷に戻りました。

★ My fighting against an illness  私の闘病生活

I‘ve suffered from some personal issues for about twenty years. So until a few years ago, I was in a continuous state in apathy. And I haven‘t worked for a long, long time. In other words, I regret having wasted a great deal of my life. As soon as I left a company due to some personal issues, I came back to my hometown and I had been in hospital for about three months. After I discharged from hospital, I went to Tokyo University of Science about once a week to get Teacher‘s license for technical high school. I remember I had much trouble commuting to the college because negative symptoms began. However, I managed to get this license.

私は20年ほど前から、ある個人的な問題に悩まされてきました。だから、数年前までは無気力状態が続いていた。そして、長い長い間、仕事をしておりません。つまり、人生の大部分を無駄にしてしまったと後悔しているのです。個人的な問題で会社を辞めた途端、地元に帰ってきて、3カ月ほど入院していたことがあります。退院後は、週に1回程度、東京理科大学に通い、工業高校の教員免許を取得しました。陰性症状が出始めたので、通うのが大変だったことを覚えています。しかし、なんとかこの免許を取得することができました。

After that, Although I tried to apply for a technical high school as an instructor, It resulted in failure. Then, I tried to apply for a couple of companies, These resulted in complete failure because I couldn‘t even introduce myself due to negative symptoms. After that, although I don‘t know due to side effect of medicine, I kept to myself for a long time. When I was in by far worst condition, I couldn‘t do the obvious such as blushing teeth, taking a bath and so on. When I took a bath, I felt like I had much trouble washing my body, so I sometimes kept sleeping in the bathtub for more than five hours due to escaping from harsh realities that I have to wash my body. I weighed about 80 Kg at my fattest. But now I weigh about 60 Kg. I am so happy.

その後、工業高校に講師として応募してみたものの、結果は不合格。その後、いくつかの会社を受けたのですが、陰性症状で自己紹介もできず、完全に失敗しました。その後、薬の副作用かどうかわりませんが、ずっと自分の中に閉じこもっていました。一番ひどいときは、歯を磨くとか、お風呂に入るとか、当たり前のことができない状態でした。お風呂に入ると、体を洗うのがとても大変で、体を洗わなければならないという厳しい現実から逃れるために、湯船の中で5時間以上眠り続けることもありました。体重は一番太っていた時で80kgくらいありました。でも、今は60kgくらいです。とても幸せです。

In recent years, my condition has improved rapidly. Although I don‘t know since I am not an expert, The reason for this is because I started to exercise from about seven years ago such as muscle training  and aero bike and so on and I had my physician reduce the dosage of  medicines. But, I don‘t do exercise so much since COVID-19 Pandemic began. I couldn‘t help it. I will start to do things like that again, if the pandemic is over. I regained the desire to try various things. So whenever I become interested in something, I think I should give it a try. Thus, first of all, I got Qualification as .com Master ADVANCE ★★ and Microsoft Office Specialist Master about three years ago.

ここ数年、体調が急激に良くなりました。専門家ではないのでわかりませんが、7年ほど前から筋トレやエアロバイクなど運動を始めたことと、主治医に薬の量を減らしてもらったことが原因だと思います。しかし、COVID-19の流行が始まってからは、あまり運動をしていないんです。どうしようもないんですけどね。パンデミックが終わったら、またそういうことを始めようと思っています。いろいろなことに挑戦する意欲を取り戻しました。だから、興味が湧いたものは、試してみようと思っております。そこでまず、3年ほど前に.com Master ADVANCE ★★とMicrosoft Office Specialist Masterの資格を取得しました。

   

Also, I decided that I needed to study and conquer English conversation, which is something that I had always felt I was not good at, and had therefore avoided studying.

また、これまで苦手意識があり、敬遠していた英会話の勉強をし、克服する必要があると考えました。

★ My short term goal in the near future  近未来の短期的な目標

Actually, my dream for the past few years was to become an instructor teaching math, science and English at the elementary and junior high school level. I‘ve made every effort to make my dreams come true for the past few years. But I became aware of giving many people a lot of trouble due to my personal issues. So I decided to put aside my dream of becoming an instructor teaching to children. It‘s still uncertain how I should do for a living from now. I want to spend some time pursuing how to live for the time being. In my short term goal, I‘ll focus on learning English until I gain English fluency. I could get 785 points on the TOEIC L&R about a year ago.

実は、ここ数年の夢は、小中学生あいてに数学、理科、英語を教える講師になることでした。この数年、夢を実現するためにあらゆる努力を重ねてきました。しかし、私個人の問題で多くの人に迷惑をかけていることを自覚するようになりました。そこで、子どもたちに教えるインストラクターになる夢は、一旦、あきらめることにしました。これからどう生きていけばいいのか、まだわかりません。当面はどう生きていくかを追及することに時間を費やしたいと思っています。短期的な目標としては、英語ができるようになるまで、英語の勉強に力を入れたいと思っています。1年ほど前にTOEIC L&Rで785点を取ることができた。

I am proud of this result. But, I am not very good at speaking skills.  I‘ll do my best to conquer this weak point of mine. It‘s still up in the air whether I‘ll try to become an instructor again or not. By the way, all I have to do is to gain English fluency for the moment. That‘s all.

この結果には自負があります。しかし、私はスピーキングスキルがあまり得意ではありません。  この苦手な部分を克服できるように頑張ります。またインストラクターになるかどうかはまだ未定です。ちなみに、当面は英語が流暢に話せるようになればいいんです。それだけです。

P.S.

恐らくコメントが届かないように管理されていて無理だとは思いますが、今後の英語学習に役立てるため、この文章を添削してくださる人がいたら、コメント頂けると幸いです。期待しないで(笑)待っております。

古河総合公園”桃の花”

昨日、私達家族は古河総合公園へ”桃の花”を観賞に行ってきました。生憎、曇り空だったのですが、風は比較的暖かく、とてもすがすがしい一日でした。平日にもかかわらず、結構、沢山の人達が訪れておりました。”桃の花”は今が見頃のようです。また、”桜”や”からし菜”なども、とても奇麗でした。古河総合公園は整備が行き届いており、自然を楽しむにはとても良い場所です。皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか?

私の癖

教育者を目指している人間がこのテーマに触れるのは問題があるのかもしれない?とは思うのですが、あえて取り上げさせていただきます(笑)。私にはちょっと変な性癖(笑)があるようです。そして、それが世間にさらされたであろうことも気が付いております。やはり私の特異体質から隠すことが出来なかったため?なのかもしれないな?とも考えております。もう過ぎてしまった過去はどうやっても取り返せないので誰も攻めません。因果応報(笑)なのだろうと諦めております。しかし、私は悪いことをしたとは思っておりませんし、ましてや、犯罪者である(笑)とも思っておりません。なぜなら、エロビデオ屋(笑)にいってみると、私の好みそうな分野のビデオがシリーズ化されて陳列されているのは皆さんも周知していることと思います。と言うことは世の中の男性は私と同じ性癖を少なからず持っているということで、男というものはそういう生き物ということだと私は思っております。皆さんすました(笑)顔して世間を常識人ぶって歩いておりますが(笑)。しかし、私は少なからず教育者を目指そうとしているので、行動を改めなければならないのだろう?とは考えてはおります。そこで、去年の11月半ばごろから、オナ禁(笑)を1年間行うことに決めました。そして、もう二か月は経ちました。こんなことしたら、性への執着が逆に強くなってしまうのでは?とも思ったのですが、そんなことはなく、なぜか?あまり、ここ二か月間、性欲が湧かない(笑)ので不思議です。もう、50過ぎたいいおっさんだから、なのかな?と逆に寂しくなってしまっている次第であります。もう、私には男としての魅力(笑)はなくなってしまったのかな?いや、逆に変態扱いから解放されるのかな(笑)?、などと考えております。さて、今後どうするかですが、テレビを見ていても私をいじっていると思われることが多々感じており、やはり、私は世間に出ることは自粛せざるおえないのか?などとも考えております。世間に出ると益々、いじりのネタを提供することにもなるし、周りを傷つけることにもなってしまいますので。後半年、英語の勉強にフォーカスしてゆっくり考えていこうと思っております。
P.S.
私が最近接することがある女性に対しての対応ですが、私はなるべく相手に変な印象を与えたくないな?とは一応、考えて行動はしているつもりです。これを面白おかしく「好みなのでは?とか、惚れたのでは?」などといじる(笑)のはやめてくださいね。確かに、妄想で少しはエロいことも(笑)考えてしまっているかも?しれませんが。私は異性に対してのいじりがあることを認識しております。なので極力、変にとらえられないように?とは思っているのですが…💦。この考えが逆に不自然な態度となり怪しまれることもあるのかもしれませんね💦。

トゥルーマンショー

皆さん私の「トゥルーマンショー」はいかがでしょうか?私は既に、私の意思が他人に漏れていることに気が付いております。しかし、意思が漏れたとて、24時間365日皆さんに私の意思が読まれているとは思っておりません。なぜなら、一緒に共同生活している家族であってもこちらが意識して家族の行動を監視しなければ、家族が何をやっているか?などほとんど気にしていないからです。このことを考慮すると、私の意思も恐らく同様で、私の意思に注力しなければ、皆さんも自分のことで精一杯で私の意思などどうでもいいはずです。しかし、なぜか皆さんが私を見る目がその時々で変わることは、十二分に認識しております。つまり、私をモニターして皆さんに報告している輩がいるということでしょう。まさに「トゥルーマンショー」でしょうね(笑)。どうせモニターするのであれば、24時間365日ず~っとモニターしていただければ、等身大の私が分かるのにと私は願います。しかし、恐らく私の行動の一部をピックアップして皆さんに何らかの形で伝えているのであろう?と想像しております。この様なことを書くぐらいですから、当然、私は行動に気を付けております。しかし、私は人間ですので、重箱の隅をつっつくような粗探し(監視)をされれば、埃はいくらでも出てきます。と言うことは逆に、どんなに凶悪な犯罪者(笑)であっても監視すれば、いいところは見つかるはずです。つまり、「トゥルーマンショー」の対象者は監視しているプロデューサーが悪意あるか否かによってキャラクターが決まるのでは?と思うのです。ですので、対象者のキャラクターがそのまま、プロデューサーの誠意であるといことだと思います。まあ、私のキャラクターがどっちに転ぶにせよ、私の安息は監視がある以上ないと言うことです。ここで、私の意思が漏れてしまうことは、もう私は認識しているので隠す必要はもうないと思うのに、なぜ、誰も私に詳細を教えてくれないのか?と日頃いつも悩んでおります。私は詳細が分からないため、妄想が悪い方へ膨らみ、苦しんでおります。教えて頂ければ、その内容に応じて「皆さんに迷惑をかけぬよう」行動できるはずなのに! で、こうとも考えるのです。皆さんは私の妄想やら、モニターを面白がって傍観しているのではないか?と。だから、私の妄想を減らすべく詳細を教えることを行わないのでは?と。つまり、教えてしまうと「ビックマネー」が動かなくなる「トゥルーマンショー」がつまらなくなり、成り立たなくなる。と言うことでしょうか?色々この様な妄想を膨らますと、今の環境は私には安息できる場所ではないという結論に今の時点では考えております。または、私に本当のことが知られたら、何か問題?が発生するとでも考えているのでしょうか?もしそうだとしても、つまり、私を信用出来ないから何らかの問題?を懸念していると言うこと?ですよね。つまり、ここ日本の皆さんは誰も私の見方ではない(私を誰も信用していない)と言うことですよね。
P.S.

私はこうも妄想を膨らましております。とある輩(プロデューサー)が私を面白がってモニター(世間に公開)したら、それがあまりにも反響が大きく(フライバシーの侵害、名誉棄損等々の罪)、それをかき消すべく加害者である輩が、被害者である対象者に罪をなすりつけるべく、何らかの理由を後付けして目くらましを試みたのではないか?と、つまり、本当は被害者である対象者があたかも加害者であり、監視せざるおえないと、世間を納得させているのではないか?と。世間は何か、とある輩(プロデューサー)のトリックに騙されているのでは?ないでしょうか?私は意思が漏れてしまう以外、何の取柄もない出来損ないの一人間、ただそれだけです。私はこれまで、大きなトラブルを起こした記憶はありません。(まあ、妄想は結構変なことを考える?のでそれを現実と思われてしまってはどうしようもありませんが。)もし、あるとしたら、モニターされたため、些細なトラブルが大きくとりあげられることにより、私と接触した方達が過大な被害を受けた?かもしれません。もしそうだとしたら、これはモニターしている方達の問題であるはずなのに、あたかもモニターしている方たちは救済者のことくこの問題を取り消すふりをする偽善者?ではないかと。それと、こうも妄想を膨らましております。私の意思の漏れが稀であるため、研究の対象となってしまい、ここに「ビックマネー」が動き、私を拘束すべく環境に強いているのでは?とも。

兎に角、私はこのような妄想で苦しんでおります。また、監視されている以上、私に近づいてくれる人もいないく、私は孤立せざる負えないとも考えております。詳細を教えて頂ける方がいることを願っております。

最後に、私の妄想(意思の漏れ)が危険であるなら?それを私に率直に説明してくだされば、私も出来る限り迷惑をかけぬよう行動できると考えております。ただただ、世間に私をいじらせる(いじめの対象者にする)ことだけは、止めて頂きたい、それだけです。

言語能力

私は英語学習を始めて、かれこれ4年は経つでしょうか?4年もかけてようやくTOEIC L&R で785点をとることが出来ました。ようやくです。はやい人では片手間にやって1年で800点を超す人もいます。私はお医者さんに言語能力はないというお墨付きを頂きました。しかし、私は持って生まれた能力はそんなに価値のあるものとは思えないのです。なぜなら、その能力は最初から与えられているものであって、自分で勝ち取ったものではないからです。宝くじに当たったようなものですよね。宝くじに当たったお金はありがたみがなく、すぐに使ってしまい無くなってしまうといいますよね。では、何に価値があるのでしょうか?私は与えられた能力をその能力の範囲内で出来るだけ引き出すというプロセスに価値があるのでは?と思っております。なので私はこれまで英語学習に頑張ってこれたことに誇りを持っております。そしてこれからも地道にコツコツと英語学習を続けていこうと思っております。当面の目標は苦手とするスピーキングの底上げです。これから最低でも1年はかけてコツコツと頑張っていきたいと考えております。私には世に言うブレークスルーのようなものはおこらないと思っております。しかし、プチブレークスルーのようなものはたまに感じることがあります。コツコツと続けているとその分野において吸収率が上がると感じることが少しあります。まあ、このようなもんです。英語学習はたぶん一生続けていくのではないか?と考えております。そして言語能力が無い私でもここまではこれたといつの日か思えたらいいなと思っております。

Communication

★ 蜂
蜂は蜜を見つけた時、同じ巣に住む他の蜂にその蜜源をダンスのような動き(ツイスト)によって距離や方角を教えるのだそうです。また、蜜源への距離は音と電気刺激でも情報伝達されるのだそうです。でも私は本当にこの様な単純な伝達方法で正確な場所が教えられるのだろうか?と素人ながらに考えてしまいます。言葉を持つ人間でさえも他人に正確な場所を伝えるのは結構一苦労ですよね?特に私のような言語能力に劣る(笑)者にとってはそう思ってしまうのです。そこでふと、もしかしたら、意思をリンクする何らかの手段を備えているのではないか?と考えてしまう今日この頃でした。

★ 猿

ある猿が道具を使うことを覚えると一緒に生活している同じ集団の他の猿たちも同様に道具を使えるようになるのは当たり前と思われます。しかし、この道具を使うことを覚えた猿とは全く接触のない異なる集団の猿たちにもこの道具の使い方が不思議なことに伝わる現象が観察されたという話を以前、耳にしたことがあります。うろ覚えな記憶ですので間違っていたらごめんなさい。この様なことから、猿たちにも何らかの意思をリンクする手段がある?のではとふとこの頃考えておりました。

★ 人間

もしかしたら、動物には意思をリンクする何らかの手段が備わっているのか?もしれないと私は考えてしまうのです。では、なぜ人間にはその様な能力がないのでしょう。人間は高等動物に進化する過程で、煩悩を身に着けてしまいました。なので意思がリンクし、醜い煩悩がつつぬけになってしまうとこの意思のリンクは‘百害あって一利なし‘、集団生活が成り立たなくなってしまうと思うのです。そこで、人間はこの意思のリンクの代替として言葉を手に入れたのではないか?と私は素人ながらに考えてしまうのです。しかし、元来この意思のリンクは持ち合わせていたものなので、何らかの拍子にこの能力が復活してしまう人間がいてもおかしくないと思うのです。しかし、そうなってしまった人間は煩悩が筒抜けとなり(ただし相手はこの能力ながいので一方通行?でこの人間には意思が伝わってこない?)、最悪な末路をたどることになってしまうのではないでしょうか?と考える今日この頃でした。以前、とある本で読んだのですが、病気を透視できる能力を持ってしまった人がいたのだそうです。その人は最終的に嘘つきと冤罪のレッテルを貼られ自殺に追い込まれたのだそうです。この話から、少し怖さを感じてしまうのは私だけでしょうか?

科学万博記念公園 ”銀杏並木”

 

今日(11/10)、私達家族は銀杏の紅葉を観につくば市の科学万博記念公園に行ってきました。とても綺麗に黄色く紅葉しておりました。つくば科学万博と言えば、私が中学生の時に開催され、友達と何度もこの科学万博に訪れたことを思い出します。私のお気に入りのパビリオンは3D映像を展示していた鉄鋼館でした。今はあたりまえになっておりますが、当時、3D技術は最先端の技術でした。とても興奮して見ていたことを思い出します。青春時代を思い出しますね。今日は筑波山が我が家近辺からもはっきり見えるほど空気がとても澄んでいて、とても清々しい一日でした。同じ空間のはずなのに、秋はなぜか?空が深く感じるのは私だけでしょうか?

私の環境

HomePageをアップしてから、かれこれ2年は経ちましたでしょうか?おかげでコメントもいっぱい頂きました。

コメントの内容は皆さんももう想像できるのでは?ないでしょうか?そうです、想像通りです(笑)ほぼ100%海外からのコメントを装ったスパムコメント(笑)でした。これは一部の黒幕(管理者)グループによるものです。なぜなら、1ヶ月程度の単位で送られてくるコメントの内容がガラッと変わるからです。例えば、一ヶ月程はブロク宛だけのコメントだけになって内容も読めない(変な外国語)ような内容となったり、はたまた、そう思っていると今度は一部のアップした投稿宛にバイアグラの販促コメントが届くといったように、定期的に全体のコメントが一新されるので1グループの仕業だと鈍感な私でも気が付きます。そして、この黒幕以外のコメントはほぼ届きません。(恐らく管理されてしまっているのでしょう💦)。私の環境はこの様な状態ですので、私が投稿したものもすべて皆さんに届いているか?は疑問です💦。私の環境の酷さはこれに限ったことではありません。重要なメールが相手に届かなかったり、(恐らく誤解を生んでいたのではないでしょうか?)、重要な郵便物が届くはずなのに届かず、おかしいと思い家族に未だ届かないと話すと、それを嗅ぎ分けて、私がその書類を届くと知っているのでこれ以上いじれなと考えたのか?、この会話の数時間後にその書類がポストに入ってる。などということも起きました。この書類が届かなかったら、大きな誤解を生んでいたであろうと考えるとゾッとします。いつもこんな感じですので、これまで、私が気が付かなかったことで、影でトラブルと思われていたことも多々あった?のかもしれません。もし、皆さんがこのような環境下に置かれたら、何をやってもどうせ失敗するというレールが敷かれていて無駄だろうな?と自暴自棄になりませんか?なぜ、この様な管理のされかたをされなければならないのか?私はただただ、自分を鼓舞する(モチベーションを維持する)ためにツイッターに一日の英語学習内容をアップしているだけですのにね?それと学習塾講師にいつまでもなろうとしない?等とほざいているあほ(笑)がいると困りますので、言っておきますが、私はコロナが収束するまでは、行動を起こさないので悪しからず。(コロナの状態で行動を起こしても、どうせうまくいきませんので。)。その間、この環境から逃げ出すことも準備に入れて、英語の学習に専念しております。もし、これから管理されていることが、少しでも感じ取れるようなことがあった場合、両親がいなくなったら、100%この環境から脱出するので悪しからず。ではでは。
P.S.
因みに、このHomePageにおいてアップした当初、貴重なコメントを頂いたときにやり取りしたコメントも勝手に消させていることに、先程、気が付きました。非常に憤りを感じております。

★【訂正】
色々と回想した結果、コメントは自分で消してしまった可能性もあります。失礼しました。

私の恋愛事情

このテーマは、教育者を目指している私にとっては、タブーのテーマかもしれませんが、なぜか書いてみたく(冒険したく)なったので、触れてみようと思います。特殊な体質を抱えているこんな私でも、これまでに付き合ってくれた人は2つ指います。まあ、病気になってしまう以前の若かりし時代の話ですが💦。もしかしたら、付き合ってくれた人にとっては、これは今となっては大きな汚点となっているかもしれません💦。でも私にとってこの人達は私の人生に花を添えてくれたとても貴重で素敵な人でした。今だから分かってしまっているこんな特異体質な私でも気に入ってくれる人がいたのだな?と本当に感謝しております。もしかしたら、これからもこの様な人達が現れるかも?しれません。いや、これまでにもこの人達以外にも少しでも気にかけてくれた人(いや、気に入ってくれるようにこっちが仕向けた人?)がいた?のかもしれません。でも、私は空気が読めないばかりか?私に少しでも気がある素振りをしてくれた方には、臆病になり逆に引いてしまうどうしようもない性格のため、それ以上には発展しな(気が付かな)かったのかもしれません。もう、51歳となった”おっさん”であり、特異体質を持ち合わせた私は今後の恋愛は諦める(笑)こととしましょう。しかし、妄想で恋愛する?ことはこれからも多々ある?と思いますし、醜い妄想…🤔(笑)もしてしまう?かもしれません。いや、私には妄想も許されない?のかもしれませんね。しかし、妄想は自分の意思でコントロール出来るもんではない?と思うので、恋愛妄想ぐらいは許してもらえないかな?と願っております。でも一つだけ言えることがあります。実生活において異性絡みで問題をおこしたことはないですし、これからも決してトラブルをおこすことはないと断言出来ます。妄想では別ですが…🤔(笑)。だから怖がらないでいただきたいと、ただただそれだけです(願)。

観桜苑 ”夜桜”

  

昨日(3/26)、我が家は観桜苑へ夜桜を観賞に行ってきました。観桜苑で花見を楽しむのは初めてで、我が家の近場にこの様な桜の花見スポットがある?とは、なぜ今まで気付かなかったのか?不思議です。”灯台下暗し”とは、まさにこのことを言うのですね。夜桜を観るのは初めての経験でした。夜の桜は、昼間の桜の”華やかさ”とはまた景観が異なり、少し寂しげな顔を見せ、とても”ステキ”でしたよ。観桜苑は茨城県のお花見人気ランキングで9位にランクしているそうです。昨日(3/26)から来月の9日までライトアップしているそうです。皆さんも夜桜を楽しみに訪れてみてはいかがでしょうか?明日(3/28)から二日間、雨が降るそうなので、もしかしたら、今日(3/27)あたりが一番の見頃?なのかもしれませんね。

P.S.
くれぐれもコロナ感染には気をつけてください。

24時間365日監視される重圧

24時間365日監視される重圧はいかなるものか?これは当事者にならないとわからないのではないでしょうか?皆さんは家族と言い争いをしたことはありますか?ない人はほとんどいないでしょうね?もし、こころを乱し、家族にあたってしまったところをピックアップされると考え、いつもその重圧に耐えることのストレスときたら、とんでもないですよ!そしてついには爆発(笑)?といった始末!監視している方たちはこれを面白がって見ているのではないでしょうか?また、心が読まれていたらなお最悪!監視している人が悪意をもっていたら、心の動きに合わせてトリックをしかけることなど容易いですからね。そして、監視対象者にはこのトリックに引っかかったことすら気づかせないことなど容易いと思われます。なので対象者は対応すら出来ない(いじられていることに気が付かない)。といったことの繰り返しですかね?でも流石にこうまで執拗にいじられるとどんなに鈍感な人間でも気が付きますよね(笑)。そして誰が黒幕達かも解るものなのです。結構人間の感というものは想像以上に優れていると私は自分自身を客観的に観察して気が付きました。しかし、確証はないし、残念ながら私には周りの人達の考えを読むことなどは出来ません。これも不公平ですよね。兎に角、今の環境はどう考えても間違っていると皆さんは思いませんか?そう思うのはこの日本には私だけですかね?私には、泣いたり、笑ったり、悲しんだり、怒ったり、恨んだり、憎んだり、と言った普通の人達のような生活が許されないのでしょうか?この環境下では私は絶対に壊れてしまう(もしかしたら皆さんはそれを望んでいるのかもしれませんが?)。なんとか打開しなければと考える今日この頃でした。
P.S.
そういえば、いじられていることで一つもしかしたら?と気がついたことがあったので報告します。私は盗聴発見器を買いました。これは、誰かを盗聴するために買ったのではなく、自分の部屋に盗聴器が仕掛けられているのでは?と思い買ったものです。今となってはこれも無駄な行為だったと気が付きましたが。いやとっくに気がついていた?ですかね?多分これもいじられる原因だったのだな?と気が付きました。そういえば社労士さんにある人を監視してしまっていると話たことがありましたが、これは私がPC等々の様々なパスワードを変更した際、いつもそのタイミングで車ででかけていく?人がいるので気になってその人達が家にいるか?(車があるか?)確認してしまっているということです。勘違いしないでくださいね。それと私の部屋はたまにいじられていることがあります。今(笑)はやましいものは一切ありませんので、覗かれても問題ない?のですが、たまに物が紛失します。そして、なぜだろう?とあれやこれや詮索(妄想)するとそれに合わせてわざと私が発見出来るところにその物が帰ってきます。これも私の考えが読まれてしまうため、いじったあげく戻すといった行為なのでしょうか?これからはこれがなくなった?こんなものが欲しい?などと心で考えるようにすれば手に入る?(戻ってくる?)のでしょうかね?
これからは気がついたことは自分の保身のためすべてアップしていきます。悪しからず。

心・技・体

ある和尚さんが言っておられました。「心・技・体」と言う言葉がありますが、これは鍛えることが難しい順番に並んでいるのだそうです。私はかれこれ英語を学習し始めて3年程経つでしょうか?しかし、まだ全然、英語が習得出来ておりません。英語をマスターするのは、この「心・技・体」においては「技」に相当すると思われます。このことから考えて、「心」を鍛錬するには想像を絶するような月日と努力が必要?なのだろうなと想像されます。ある本によると「妄想」は人間が最も得意で、大好きで、ほぼ一日中絶え間なく繰り広げているナンバーワンの煩悩なのだそうです。もし、危険(笑)な「妄想」をしてはいけないと自分に言い聞かせなければならない?状態をしいられた?ときのことを皆さんも想像してみてください。おそらく「地獄」に陥った境地にたたされるのでは?ないでしょうか?なぜなら、この「妄想」はそのことを考えてはいけないと自分に言い聞かせているその瞬間が、もうそのことを考えているために起こる反応?なのだから?う〜ん、心を鍛えるということは神業に近い?ことなのでは?とつくづく思います。つまり、「心」のプロになることは、今からプロ野球選手「技のプロ」を目指すよりも大変だということではないでしょうか?絶望的(笑)?ですね。しかし、出家している方達は、「心」を鍛錬するために一生かけて修行しているのですよね。とても頭があがりません。「心」が醜い出来損ないの私でも、少しは「まね」出来ないものか?とは考えるのですが‥💦

第六感

動物には五感(触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚)を持ち合わせているものが多いようです。これらは我々は日常的にあたりまえに使っているものであって、なぜこの様な感覚があるのか?疑問に思ったことはないと思います。少なくても私はこれらの感覚をこれまで気にしたことがありませんでした。触覚は細胞に物体が触れた時、その圧力を細胞自体が感じとる?感覚、味覚は舌に物体が触れた時その物体の種類に特化した刺激を舌が感じ取る?感覚、嗅覚は空気中を漂っている物質が鼻の細胞に触れた時、味覚同様、その物質の種類に特化した刺激を鼻の細胞が感じ取る?感覚、聴覚は空気の振動を耳の細胞(鼓膜)がキャッチして、その振動数の違いによって音の種類を聞き分ける?感覚、視覚は目に入ってくる可視光線(電磁波の一種)を網膜で感じ取る?感覚(これも光の周波数(色)を見分ける能力も持ち合わせている感覚)であろう?と素人の私は認識しています。ここでなぜ動物はこれらの感覚を持ち合わせているのでしょう?ダーウィンの進化論においては、単細胞生物?がたまたま発生し、その細胞が細胞分裂?を起こすときにコピーを誤って、突然変異(これは偶然であって方向性はないようなのです)がおこり、これがたまたまその環境に適している場合、自然淘汰によって、その突然変異を起こした細胞が多く生き残る。この繰り返しで生物は変化してきているようなのです。しかし、この五感のなかで、私が一番神秘性を感じる感覚が視覚であります。ダーウィンの進化論に照らし合わせると、突然変異によってたまたま、光に反応する?細胞が発生したとします。するとこの細胞を持ち合わせた生物は、この光に反応して移動し、この光を感じ取れるところに餌がたくさんあった?という環境であったなら?その生物は、この環境下では、生存しやすいので生き残る。そして、この光に反応する細胞がさらに突然変異(方向性はないようなのです)を繰り返し、今の我々のような目まで変化したと考える?のでしょうか?しかし、目というものは信じられないほどとても高性能に思われます。左をみたければ左に回転する。光の強さが強いときは、瞳孔が閉じて光の強さをちょうどいい強さに調整する。見たいところから届く光が目に入ってきた場合、その光がちょうど、網膜へピントが合うようにレンズの厚さを自動調整する。このようなビデオカメラよりも高性能と思われる目が偶然であって、かつ方向性がない突然変異の繰り返しで出来上がるものだのだろうか?これが素人の私が疑問に思うことです。そこで、突然変異を少し調べてみると、突然変異には願望も含まれるという研究結果もある?ようなのです。う〜ん、ますます不思議です。この五感以外にも他の感覚を持ち合わせている動物がおります。例えば、猫や犬の帰巣本能、渡り鳥が渡っていく行き先を間違えない感覚、これらは地球上の磁場を感じ取りそれをたよりに移動している?とも考えられているようです。もしかしたら、我々人間にも五感以外の感覚、第六感があってもおかしくないのでは?と考えるようになりました。で、この第六感はどんな感覚?と考えると、やはり、電磁波がらみが最も考えられるのではないのかな?と思うのです。脳の意識は細胞間の電磁波の受け渡しによって生まれるという研究を耳にしました。また、この電磁波はとても強いもののようです。もし、この電磁波が頭蓋骨を超えて外までもれる場合、意思が他人にも分かってしまうなどという現象も起こってもおかしくない?ような気がします。(これが以前、テレビドラマであったサトラレのようなものでしょうか?)しかし、電磁波は有限であろうとも考えております。こんな妄想を膨らませている今日この頃でした(笑)。
P.S.
もし、サトラレが現実に存在するのであれば、一度、その人物を静電遮蔽してみたら?いかがでしょうか?そうすれば、意思が外にもれなくなるのでは?ないでしょうか?

我が家のネット環境

これまでの我が家のネット環境が来年の1月で満了となるので乗り換えることにしました。実は1月を待たずして既にホームルーター(モバレコAir)と契約を開始しております。というのはキャンペーンにより実質一年間、ただで契約を結ぶチャンスがあったためなのです。なので12月中は両方の回線を使用可能な状態です。ホームルーターは一般的なインターネット接続に必要な固定回線とは異なり、LTEやWiMAXといったモバイル向けのデータ通信を利用したものなのだそうです。しかし、モバイルルーターとは異なり、移動(持ち運び)は出来ないのが少し残念です。
★ 環境設定
我が家ではこのモバレコAirのWiFi接続を無効及び端末間通信を無効に設定しました。
つまり、有線でPC、スマホを接続して使用することにしております。
○ 理由
私の端末(スマホ、PC)は不正プログラムに感染している体で、WiFi接続を行うとSSID、暗号化キーが盗まれることによる不正プログラム感染を懸念してのことです。
後はソフトバンクさんに一部の管理はどうしても委ねることとなる?のですかね?
まあ、取り敢えずこの状態で使ってみます。どうでしょう私のPC(chromebook)は覗かれてないでしょうかね(笑)

P.S.
モバレコAirの(管理設定画面にない内容において)デフォルトでどの様なセキュリティが組み込まれているか?確かでないのだが、管理者設定においてはパケットフィルタリング等々の管理者がカスタマイズ出来るセキュリティが少ないのが残念です。なので、市販のWiFiルーターを接続し二重ルーターにして、パケットフィルタリング等々のセキュリティのカスタマイズは市販のルーターでまかなおうか?とも考えております。尚、市販のルーターも無線は無効に設定し、有線使用にしようかな?と考えております。これで端末(特にWindowsPC)が安全になればいいなのだが?しかし、いつからこの方法を実行するか?、少しこの方法にも不安があるのものですから💦

清水公園”花ファンタジア”

  
昨日は清水公園へ秋の花等を観賞しに行ってきました。コキアの紅葉やコスモス等々を楽しみながら、自然を満喫することができました。その中でも淡い黄色で統一されたコスモスがとても印象的でした。清水公園もバラ、藤、コキア、コスモス等々、季節の花等を楽しむことができるので私達家族のお気に入りスポットの一つです。一昨日及び昨日と二日続けて自然に触れてリフレッシュすることができ、今日からあらてめて頑張ろうというモチベーションが湧いてきたところです。
P.S.
今年の夏もあっという間に過ぎ、もうすぐ冬ですね。今年はどうやら大型台風の上陸はなさそう?なのでほっとしております。新型コロナウイルスのワクチンが一日でも早く我々の元へ届くことを願っております。

分化って?:素人の疑問(笑)

遺伝子やら、ゲノムから、DNAやら、生物の細胞には生物の形や機能等々を司る情報があるそうなんです。そしてこれらの情報は同じ生命体の細胞では機能は異なる細胞でもみな同じものを持っているのだそうです。ではなぜ?、同じ個体の中で機能が異なる細胞が出来るのでしょうか?それは、非常に高度な制御の基、その細胞が必要とする部分の遺伝子のみを読み取り、その細胞が成るべく機能に特化した細胞になるのだそうです。これを分化というのだそうです。ではこの非常に高度な制御って?って素人の私は疑問に思うのです。だって最初は一つの受精卵から細胞分裂を繰り返し、目であったり心臓だったり、どうやって体のどの部分(位置情報等々)であるかを認識させて、そしてそれに特化した細胞になるのように作り上げていくのだろうか?と。

これを分かりやすくするために、コンピュータに例えてみましょう。コンピュータにはデータを保存しておく記録媒体(半導体メモリ、HDD、SSD等々)があります。しかし、この記録媒体に保存してあるデータだけではコンピュータは機能しません。このデータを扱い処理するコンピュータの頭脳であるOSがあってはじめてコンピュータは機能します。で、コンピュータの要といったらやはり、誰もが記録媒体のデータとは言わず、OSと考えると思うのです。

ここで、遺伝子はコンピュータでいったら記録媒体のデータのようなものではないか?と素人の私は思うのです。ではそのデータを扱う頭脳とも言えるOSは生命体のどこの部分なのだろうか?と素人の私は思うのです。そして、生命体の最も神秘的な要の部分は、遺伝子ではなく、この頭脳であるOSの部分なのではないか?と思ってしまうのです。誰かここらへん分かっている人、教えてくれるとありがたいのですが?的外れなこといってたら無視してください(笑)。

P.S.
特定の細胞に分化するのは、遺伝子に特定のたんぱく質が作用して特定の遺伝子が活発に働くためなのだそうです。なので特定のタンパク質が作用する前の細胞、つまり、どんな細胞にでもなりうる細胞が万能細胞なのだそうです。なので特定のたんぱく質が作用していない、まだ胚からとりだした幹細胞がいわゆるES細胞であって、皮膚細胞に、ある物質を作用させて初期化させた万能細胞がいわゆるiPS細胞なのだそうです。
そして、この万能細胞を人工的にある特化した細胞に作り上げる(つまりOSの役割を人工的にする?)研究が今話題になっている研究のようなのです。

続々 ネットリテラシー

現在、勉強も兼ねて、我が家のネット環境をセキュリティに特化した設定をすることを目的とし、ホームゲートウェイ、市販のルーターや端末を弄って遊んでおります。そこでこれまでに気がついたことをお伝えします。

★ PPPoEブリッジ(PPPoEパススルー)
これはルーターをスルーしてデータをデバイスへパスする機能だそうです。これは遊べないオンラインゲームをなくす等々のためのもののようです。しかし、”ルーターが外部からの通信を遮断しなくなる”ので、セキュリティの面ではとても危険であることが、遅れ馳せながら今頃、気が付きました。NTTからのレンタルホームゲートウェイのデフォルトではこれが”有効”となっております。デフォルトをそのまま利用せず、セキュリティに特化した設定をしたければ、すべての機能を把握して目的にあった設定をしなければいけないと改めて認識した次第であります。

★ UPnP
これはネットワークに接続する機器同士を接続しやすくする機能だそうです。しかしUPnPには認証機能がなく、LAN側ばかりかインターネット側から”ルーターの設定を書き換え可能”な状態にしてしまう恐れがあるようなのです。現在は色々と改善はされているようなのですが、セキュリティの脆弱性は、やはり避けられないようなのです。なのでセキュリティに特化して設定をしたければ、これはOFFにする方が良いようです。

★ NDプロキシ
”IPv6パススルー”はIPv6パケットをブリッジするだけなので超危険なのだそうです。”NDプロキシ”はIPv6のパケットをルーターを介して通信する機能で、ネットワーク層のフィルタを通るようになるので、少しはセキュリティが改善されるようです。

★ 公開、匿名プロキシ
これは端末のIPアドレスを閲覧先に分からない(隠す)ようにする。つまり、匿名でインターネットを利用するのに有効だそうです。しかし、インターネット上のプロキシサーバー自体には、端末のIPアドレスは届いてしまうため、プロキシサーバーの管理者次第といったところでしょうか?これは企業や学校で利用しているLAN内のローカルなプロキシサーバーとは異なり、あくまでも匿名性に特化しただけのもののようです。もし、セキュリティ強化にプロキシを利用したいならば、企業や学校で利用しているように、我が家のLAN内にローカルなプロキシサーバーを設定しないといけないようです。このローカルプロキシサーバーは、ネットワーク層で動作するパケットフィルタリングとは異なり、アプリケーション層で動作するため、パケットフィルタリングよりも、高いセキュリティ効果が期待できるのだそうです。しかし、色々と勉強する必要があり、とてもハードルが高いです?。

とこれまでに気がついたセキュリティ強化のための勉強はこの様なところです。

P.S.
昨晩、なかなか寝付けなかったため、プロキシのことを考えておりました。そして、もし、プロキシサーバーをLAN側ではなく、LAN側からみてインターネットへの入り口(ただしWAN側)に設定したと仮定したら、完全にLAN側のネット環境を支配(管理)出来てしまうのでは?という考えが浮かんできました。これは、インターネット(WAN)側なのでLAN側ではどうすることも出来なく、The end ! そうなるとプロキシサーバーの管理者に未来を委ねるしかないということになるのですね。インターネットって怖いですね!などと昨晩は妄想にふけっておりました?。

あけぼの山農業公園”チューリップ”

  
あけぼの山農業公園の近場に買い出しに行く必要があったため、ついでに立ち寄ってみました。新型コロナウイルスのこともあって、なるべく車から降りず観賞を楽しむことにしました。外出を控えているであろう皆さんにも観賞をおすそ分けするために、不謹慎と思われるかもしれませんが、写真を投稿することにしました。今年も綺麗にチューリップが咲いておりました。皆さん、もし観賞に行く予定があるようでしたら、極力、周りの人達には近づかず、距離を置くようにしてくださいね。
P.S.
あけぼの山農業公園の関係者様、いつもと同様、こんなに素敵に管理してくださっているのに、新型コロナウイルスの影響で皆さんを楽しませることが出来なくてとても残念ですね?。

HomePageを公開して

今年度も終わりに近づいております。私もHomePageを公開して、あとわずか一ヶ月程で一年が経とうとしております。そこでちょっとした簡単な統計をとってみました。

★ コメント数
◎ 海外からのコメント
  1799件、 2020/03/28 現在
  ほぼ100% いやがらせコメント
  内容 バイアグラの販売、エロサイトへの誘導
  がほぼ過半数を占めています(笑)。
◎ 国内からのコメント
  0件、   2020/03/28 現在
  いやがらせのコメントすらなし。

★ 分析
  基本、我々は海外の個人名で公開しているHomePageなど閲覧しないし、
  検索にもヒットしません。
  ということは、私のような無名&実名で公開しているこのHomePageも
  恐らく海外の方が閲覧している?とは考えにくいです。
  なのにこのいやがらせコメントが届くのは不自然と考えられ、
  これは恐らく国内のあるグループ?からの
  いやがらせであろうと考えております(笑)。
  鋭いでしょ(笑)。
  また、海外からオート的に販売コメントが届くとしたら、
  国内からもそのようなコメントが届く確率もあるはずと考えると
  やはりこの結果は不自然ですよね。
  と私の分析はこのようなところ。

★ 閲覧者の皆さんへ

国内からのコメントには必ず返信いたします。とはいっても、コメントへの返信以外は必要以上にこちらからはアプローチはしませんので、怖がらず(笑)&めんどくさがらないでコメントいただけると非常に心強いです。万が一返信が来ない場合は、何らかの理由で私の手元にコメントが届いていないと思ってください。また、同意を得なければコメントの公開はしません。なのでなんらかのアクションをくれるとありがたいな。辛口 welcome! 逆に辛口の方が勉強になります。HomePageに関係ないことでもOK!
そもそも、私のHomePageの閲覧者がいないとも考えられますが、少しは閲覧者が存在しているのを下記の手順で確認しております。
私が公開している動画、これをPCにて右上にある共有をクリックすると、リンク先が掲示され、これをクリックするとYouTubeへ誘導されます。そしてYouTube上で閲覧が可能となります。
この動画はYouTubeでは限定公開設定にしてあるので、基本、YouTubeでは皆さんは閲覧できないようにしているのですが、上記手順では閲覧できてしまいます。
これを行った人が70人ほどいるようです。YouTubeで視聴回数がカウントされるので。
この結果から少しの人は私のHomePageを閲覧してくれているのだとわかり、なんとなくつながりを感じ孤独(笑)ではないのだとホッとしている次第であります。どのような人が、無名&実名で公開しているHomePageを閲覧するのか、今後、HomePageを活用するにあたって、とても興味があります。面倒くさがらず&怖がらず(笑)コメント頂けることを期待しております。よろしくお願いします。

P.S.(2020/6/1現在)
誹謗中傷の問題が取り上げられて以来、私に対する嫌がらせの質も変わりました(笑)。海外からの嫌がらせコメントは以前として一日に20〜50件ほど届くのですが、内容が直接バイアグラの販売を促すコメントではなく、私のWebPageを褒めるコメントと変わったのですが、そのコメントの相手先がcialis(ED治療薬)販売会社からであるかのように偽装して送りつけてきます。嫌がらせの手口が周到となっております。これまでも、ネットに限らず色々な嫌がらせに対してこちらが対策をすると、嫌がらせを行う黒幕達は手口を変え、どんどん陰湿になっております。これからどうなることやら😭。皆さんこの人達を許さず、心眼をもって見守ってくださいね。

これが嫌がらせの一部です。皆見てね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。