第246回 TOEIC L&R テスト結果

受験者の平均点  Listening 327.6 Reading 267.8   Total 595.4

今回はこんなもんでした。英語の実力がないのは自分自身がよく分かっております(汗)。今回、自己分析は割愛(笑)。代わりに英語学習のノウハウにおいて、とても興味深いと思ったことを紹介します。

★ オウム(Parrot)効果

”単語耳 理論編+実践編Lv.1 松澤喜好 著” によると、「オウムにひとこと目を教えるのには、同じ音を2000回くり返す」そうです。しかし、ふたこと目の言葉は200回で覚えるそうです。

どの分野でも言えると思いますが、最初に物事を覚えるときは、なかなか覚えられないですが、一度覚えてしまい自分に”受け皿”を作ってしまうと、次のステップでは割とすんなり覚えられると言うことだと私は解釈しております。

また、松澤喜好さんはこうも述べております。

”当時の私は「リスニングは、いろいろな話し手が、さまざまな分野の話題について話すのを、”たくさん”聞くことでようやく習得できるだろう」と考えていました。ところが同じ英文を100回以上くり返し聞いた経験を経てから「1つの英文をひたすらくり返して聞く一点突破式のほうが、短時間でかなりのレベルに達することができるのだ」と改めました。一人の話者が自分の興味ある題材で話していることをくり返し聞いてリスニング力をどんどん高めておくと、ほかの話者の言うことも、その高めたレベルで聞き取れるのです。これをParrot効果と私は呼んでいます。”と

また、”英会話・ぜったい 音読 國弘正雄・千田潤一 監修”では音読の回数について、”1回やれば1回の効果、100回やれば100回の効果がある”と述べております。

勉強の量が足りていないのは言うまでもなく、私にはこれらのことが欠けており、リスニング力が伸びなかったのだろう?と、遅ればせながら漸く気付きました(汗)。

現在手掛けている教材213英文は、8.5サイクル程、漸く終えたところです。少しずつですが、リスニング力が上達している?ような気がしています。しかし、この”聞き解いた”はずの英文でも、未だ聞き取れない英文が結構あります。取り敢えず、10サイクルまでは試み、それから、その後どうするかは検討しようと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。