第245回 TOEIC L&R テスト結果

受験者の平均スコア   Listening 328.4    Reading 267

I’m more than sad that nothing is going as planned with becoming an instructor.

★ 分析

やはり、Listeningがネック!ここ最近、英語力の伸びが止まっている。これは、”英語上達完全マップ”森沢洋介 著 によるとプラトーという状態だそうです。今はグッとこらえる時期!これを乗り越えたら、また、英語力が伸び始めると期待して学習していこうと考えております。現在、TOEIC Part 3&4用の教材を用いて213文の音読(シャドーイング)に取り組んでおり、7サイクル程、済ました段階です。”英語上達完全マップ”によると、一定の長さをもつ英文を深く自分の中に取り込み、そこから英語上達に役立つエッセンスを吸い上げるには、最低30サイクル必要とのこと。一日、50文の音読(シャドーイング)をこなすと換算すると、1サイクル約5日、残り23サイクルは、5×23=115日、約4ヶ月かかることになります。まずはこれをこなして効果を確認し、ダメだったら軌道修正すれば良いかと考えております。教材は、目読すれば、簡単に理解できる文であり、難し過ぎず、簡単過ぎないので今の私のレベルにあった教材だと思っています。しかし、もっと楽しい文(暗記したくなるような文)を選べば良かったと後悔しています。しかし、これまでのように浮気は禁物。兎に角、頑張ろう!”英語上達完全マップ”によれば、TOEIC800前後に達するまで、限られた分量の教材を丹念に音読パッケージで消化することを中心にして、独立したリスニングは補強程度にやる程度で良いそうです。これを信じて頑張るしかない!TOEICテストは年に10回あるので、これからは毎回受け、自分の状態を確認し軌道修正していこうと思っています。この失敗&成功の経験は、もし指導者になれたら必ず生きてくるだろうと考えております。

◎ 上記内容訂正

上記内容にて最低30サイクル必要と述べましたが、これは私の間違った解釈であったようです。もう一度、”英語上達完全マップ”を読み返してみると、1サイクル中の1文にかける回数が最低30回必要なようです。そしてサイクル数は7サイクル程度で切り上げて良いようなのです。しかし、7サイクル程(但、リピーティングは省いている)行ってはみたものの、これらの文をListeningしてみると、未だに文の内容(記憶)を思い起こすまでは、内容についていけない文が半分程あります。これで、これらの文を卒業してもいいものか?私には判断出来ないところです。どうしたものか?確かに、英語の語順には違和感を感じなくなり、”英語体質”は芽生えていると感じているのですが?さて、これからも、今取り組んでいる文を徹底的に音読すべきか?それともこれは切り上げて違う文を音読した方が効率が良い勉強法なのか?それとも教材のレベルが合っていないのか?(もう少しレベルを落とすべきか?)迷うところです。とりあえず、年明けのTOEICテストまでは、この教材で徹底的に音読してみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。