TOEIC L&R テスト結果

受験者の平均スコア   Listening 328.4    Reading 267

TOEIC L&Rテストを受けました。結果は635点でした。今年中に730点越えを自分に課していたのですが、残念ながら”Mission:Impossible”と言ったところでしょうか(汗)。ちょっと悔しいですが、仕方がないですね?。

★分析

◎Listening

330点 → 315点 ”下がっても~た~”?

今回は、Part 1&2において、なぜか全然聞き取れず、戦意喪失しそうになりましたが、なんとか持ちこたえ、Part3&4を終えました。受験者の平均点は、Listening 321.2点 Reading 261.9点 でListeningの方が60点ほど高いです。TOEICはListeningの方が点数が取りやすいという傾向にあるようなのですが、私の場合はこれが逆転してしまっております。しかし、結果には現れませんでしたが、ここ六ヶ月程、”音読”に力を入れて頑張ってきており、自分の中では 、少し変化を感じ始めているところです。最低でもあと、六ヶ月程”音読”を頑張れば、もしかしたら私”化ける”(笑)かもしれない?と期待して頑張ってみようと思っております。

◎Reading

280点 → 320点

一見、順調に伸びているように思われますが、実は問題があります。速読力が以前と全然変わっておりません。Part7のシングルパッセージを終えたところでタイムオーバー!、ダブルパッセージ&トリプルパッセージは”塗絵”(笑)ですませました。Reading全体の問題数の中で、”25/100” つまり、1/4の問題を解かずに終えております。点数が伸びているのは、解いた問題の正解率が上がっただけです。このままでは、もう”伸びしろ”があまりないように思われます。これからは、速読力を上げるしかありません!速読力を上げるには”多読”が鍵となるのでは?と思っております。

今回、テストを受けたことで得たものもあります。それは、Readingに限っては、時間さえあれば、全体的に大意は失うことはないという、自信が付いたことです。

◎今後の方針

”音読”を中心に最低でもあと六ヶ月は頑張る!そして、余った時間で”多読”を取り入れようと考えております。一説によると、Listeningと”多読”は同じ脳の回路を使っているそうなので、”多読”が上達すると、Listeningも上達するようなのです。(逆も言えると思います。)私にとって、やはり、”多読”は鍵となるようですね。しかし、”多読”を行ってみると集中力がすぐに切れてしまい、つづきません(汗)。何とか、早くこれを習慣化しなければいけませんね?。

Whatever the results, I will do my best.

Let’s try anyway.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。