My Half Life(私の半生):添削後

有料添削サイトにて添削して頂いたので、それを掲載させて頂きます。大幅な変更を希望したのですが、それほど、変更された場所はありませんでした。少し期待していた分、残念な気がしたのですが、私の作った英作文がそれほど、的を外していなかったのだと、少しほっとしているところです。

 

★ My kindergarten days 私の幼稚園時代

My kindergarten allowed three different age groups, from the yellow group which is the youngest, blue the middle, and white the eldest. I commuted for two years, starting in blue and finishing in white. Apparently, I was an active child. So I was able to do a pullover on a gymnastics bar and ride a bicycle without training wheels at that time. I remember that I always took the front-most passenger seat on the bus while I was coming back home and got along with the bus driver.

私の幼稚園では、年少の黄色組、年中の青組、年長の白組と、3つの年齢層に分けられます。私は2年間、青組から始めて白組で卒業しました。どうやら私は活発な子どもだったようです。だから、当時は鉄棒で逆上がりをしたり、車輪のない自転車に乗れたりしたんです。帰省中はいつもバスの一番前の席に座り、バスの運転手さんと仲良くしていたのを覚えています。

★ My elementary school days 私の小学生時代

In the early grades of elementary school, I didn‘t get good grades because I was not much interested in studies, but I was just good at arts and crafts and also physical education. When I was in the third grade, because I became the head class representative, I remember the teacher in my second grade told me that I was moving up in the world.

小学校低学年の頃は、勉強にあまり興味がなかったので成績は良くなかったのですが、図工と体育だけは得意だったんです。小学校3年生の時、学級委員長になったこともあり、2年生の時に先生から「出世したね」と言われたのを覚えています。

When I was in elementary school, I really liked collecting insects. I was especially into collecting stag and rhinoceros beetles in summer. There was a forest called Donguriyama. I enjoyed collecting stag and rhinoceros beetles there every summer. In those days, a friend of mine who lived in Kouya town told me about a secret tree in a forest in Kouya town where we could collect many rhinoceros beetles. In spite of summer heat, we put on a long-sleeved shirt and long pants because we were afraid that insects would sting us and we pushed our way to the secret tree. Finally, I remember we could see the tree where there were five or six beetles. It was a precious memory of mine.

小学生の頃、昆虫採集がとても好きだったんです。特に夏場はクワガタやカブトムシを集めるのに夢中でした。どんぐり山という森がありました。そこで毎年夏になると、クワガタやカブトムシを採集するのが楽しみでした。その頃、高野町に住んでいる友人から、高野町のある森の中にカブトムシがたくさん採れる秘密の木があることを教えてもらいました。夏の暑さにもかかわらず、虫に刺されるのを恐れて長袖シャツと長ズボンを着て、秘密の木まで突き進みました。そしてついに、カブトムシが5、6匹いる木が見えたのを覚えています。大切な思い出です。

I‘ve always loved sports as long as I can remember. I was much better at ball games than martial arts because I was confident in not being powerful but dexterous. So although I went to a kendo dojo for about two years from the fifth grade, I remember I was sometimes frustrated that I lost to underclassmen. The reason why I started to practice kendo was because my best friend went there. He was the strongest in the dojo. I envied him. However, he moved to Syuzenji, Shizuoka where there was a cycle racing school because his father was a cycle racer who became a cycle racing instructor. It was a sorrowful memory. But I remember I went to his house in summer vacation and I enjoyed activities in nature such as spearfishing ayu and yamame in the river. Since I was confident in not agility but stamina, I was good at endurance running. In addition, I went to a public facility to learn to ride a unicycle at the time. I remember that I was able to ride a unicycle fastest out of all the participants perhaps because I was good at ball games. I have participated in a local competition. I acquired second grade in a sports test when I was in fifth grade. Not bad, right?

物心ついたときからスポーツが好きだったんです。力はないけど器用なことに自信があったので、武道よりも球技のほうがずっと得意でした。そのため、小学5年生から2年間ほど剣道道場に通っていましたが、下級生に負けて悔しい思いをすることもあったのを覚えています。剣道を始めたきっかけは、親友が通っていたことです。彼は道場の中で一番強かった。羨ましかったですね。しかし、父親が競輪選手で競輪の指導者になったため、競輪学校のある静岡の修善寺に引っ越した。残念な思い出である。でも、夏休みには彼の家に行って、川でアユやヤマメを銛で突いたりして、自然の中でアクティビティを楽しんだ記憶があります。俊敏さではなく、体力に自信があったので、持久走は得意でした。また、当時は公共施設に通って一輪車を習っていました。球技が得意だったためか、参加者の中で一番早く一輪車に乗れたことを覚えています。地域の大会にも参加したことがあります。小学校5年生の時にスポーツテストで2級を取得しました。なかなかでしょう?

Our school made it a rule to show fife and drum corps at the sports day when we were in fifth grade. So I practiced playing the trumpet for about a year to play at the event. But I had trouble improving my trumpet skills. So I realized I didn‘t have any musical talent then. So I don‘t play any musical instruments now. In the upper grades of elementary school, I went to a calligraphy class to practice calligraphy. I am proud that I got a Nippon Budokan award in sixth grade. I became very interested in science and mathematics from about fifth grade. But I was not good at arts and humanities subjects. At the time, I liked to collect things, and I collected key holders, pennants and kept plastic Gundam models I made. Those were memories of my elementary school days.

私たちの学校では、小学校5年生の時に運動会で鼓笛隊を披露することが決まりました。そこで、そのイベントで演奏するために、1年ほどトランペットの練習をしました。でも、なかなかトランペットの腕が上達しなかったんです。それで、自分には音楽の才能がないんだと、そのとき気づきました。だから、今は楽器は一切やっていません。小学校の高学年になると、書道教室に通って書道の練習をしていました。小学校6年生の時に日本武道館賞をもらったのが自慢です。小学校5年生くらいから、理科や数学にとても興味を持つようになりました。でも、文系科目は苦手でした。当時は物を集めるのが好きで、キーホルダーやペナント、自分で作ったガンダムのプラモデルを保管していました。それが小学生時代の思い出です。

   

★ My junior high school days 私の中学生時代

I belonged to a basketball club when I was in junior high school. I played point guard, making the most of my dexterity. Our best team result was the third prize in the west of the prefecture. Not bad, right? Our school set the time slots before and after school for club activities then. Several members from our team including myself even jogged before the morning club activity when the school jogging competition was approaching. We did our best. We were young. In a jogging competition, I was within the top twenty in my grade.

私は中学生の頃、バスケットボール部に所属していました。器用さを生かし、ポイントガードを担当しました。チーム成績は県西地区で3位が最高でした。悪くないでしょう?うちの学校は当時、部活を始業前と放課後に行ってました。学校対抗のジョギング大会が近づくと、私を含め数人の部員が朝の部活前にジョギングをしたりもしました。頑張りましたよ。若かったですね。ジョギング大会では、学年で20位以内には入りました。

I was the first or second shortest in my class. Compared to an average height of Japanese, I am short even now though. I remember that my teacher sometimes said I was a restless student.

クラスで1番か2番目に背が低かったんです。日本人の平均身長と比べると、今でも低いんですけどね。先生からは「落ち着きのない生徒だ」と言われることもありました。

In my sophomore year at junior high school, Tsukuba Science Expo 85 was held. The venue was near my house, so I went there many times. I especially liked the ‘steel pavilion’. It was the time when 3D movies were rare. So I was really interested in why we can see movies in the 3D format. Then, I was excited when I knew the structure of a 3D movie. I could understand that we have two eyes to see objects three-dimentionally. I have loved science since then.

中学2年のとき、つくば科学万博85が開催されました。会場が自宅の近くだったので、何度も足を運びました。特に「鉄鋼館」が好きでした。当時は、3D映画が珍しい時代でした。だから、なぜ3Dで映画が見られるのか、すごく興味があったんです。そして、3D映画の構造を知ったとき、興奮しました。私たちは2つの目を持っていて、3次元的にものを見ているのだと理解できたのです。それ以来、科学が大好きになりました。

In my senior year of junior high school, an interclass singing contest took place and our class won. The song our class sang was “sayonara“ produced by ‘Off Course’. After that, we performed in a bigger competition as a prize for winning. I still have the cassette tape of that time. To tell you the truth, I can‘t say it sounds marvelous. So whenever I hear it, I cannot help laughing. It is a precious memory of mine.

中学3年の時、クラス対抗の歌合戦があり、私たちのクラスは優勝した。歌った曲は「オフコース」プロデュースの「さよなら」。その後、優勝のご褒美として、コンクールに出演しました。その時のカセットテープは今でも持っています。正直なところ、上手とは言えません。だから、聞くたびに笑ってしまう。私の大切な思い出です。

★ My high school days 私の高校時代

I enrolled in Mitsukaido Daiichi High School. I belonged to valley ball club in my high school. I played as a setter. Our team didn‘t do so well in a competition. At the time, I gave our team a lot of trouble due to my lack of powerfulness. So I remember I sometimes did muscle training after club activities. We stopped by small-time candy store after club activities and always talked with each other while eating small-time candy. It was fun and a precious time for me.

水海道第一高等学校に入学しました。高校ではバレーボール部に所属していました。セッターとしてプレーしていました。大会ではあまりいい成績が残せませんでした。当時、私はパワー不足でチームに迷惑をかけました。だから、部活後に時々筋トレをしていたのを覚えています。部活の帰りに駄菓子屋に寄って、駄菓子を食べながらいつも話をしていました。楽しくて、貴重な時間でした。

I was not doing so much well at school at the time because I was into club activity, neglecting my studies. But, I was only good at Physical Education (laugh). In my senior year of high school, my right eyesight was getting bad sharply. But my left eyesight keeps good as yet. Fortunately, I can see ordinarily with both eyes without glasses and I am not even getting presbyopia because I can see objects at close range due to myopia in my right eye. I am so happy. By the way, early in my senior year of high school, I mastered Harmonica Fluent Sonic of pen spinning (laugh). After my club activity ended in my senior year of high school, I devoted myself to my studies due to enrolling in college. But, I failed to pass an entrance examination since I couldn’t focus enough on studying. So I decided to be a “ronin”.

当時は部活に夢中で勉強がおろそかになり、学校の成績はあまり良くなかったんです。でも、体育だけは得意でした(笑)。高校3年生になると、右目の視力が急激に悪くなってきたんです。でも、左目はまだ大丈夫。幸い、メガネをかけなくても両目で普通に見えていますし、右目が近視のため、近くのものが見えるので老眼にもなっていません。とても幸せなことです。ちなみに、高校3年の早い段階で、ペン回しのハーモニカ・フルート・ソニックをマスターしました(笑)。高3で部活が終わり、大学入学を機に勉強に打ち込みました。でも、勉強に集中できず、受験に失敗してしまったんです。そこで、「浪人」することにしたんです。

★ My ”ronin(preparation for the entrance exams for university)” days 私の浪人時代

I decided to join Kawaijuku at sendagaya and live in a dormitory at shinkoiwa. At the time, I became particular interested in physics. So I gave almost all my time for studying only physics. To be honest, I talked with my friends in the dormitory longer than studied. I was not very good at English at the time. I regret I should‘ve focused on studying English at the time. If I did, my horizon(options for future career) would be broadened now. What is done is done. I couldn’t help it.

千駄ヶ谷の河合塾に入り、新小岩の寮に住むことにしました。その頃、私は特に物理に興味を持つようになりました。だから、ほとんど物理の勉強だけに時間を割いていました。正直なところ、勉強よりも寮で友人と話す時間の方が長かったです。当時は英語も苦手でしたしね。あの時、英語の勉強に専念しておけばよかったと後悔しています。そうすれば、今の私の視野(将来の職業の選択肢)はもっと広がっていたはずです。済んだことは仕方ない。どうしようもなかった。

★ My college days 私の大学時代

I enrolled in Tokyo University of Science. I majored in electrical engineering. I belonged to a tennis circle. Our tennis circle focused on events. I am a precious memory that our circle went on a trip to Niseko Ski Resort at Hokkaido prefecture and enjoyed skiing. So few members devoted themselves to practicing tennis. But I was into playing tennis. I gave all my free time to playing tennis, neglecting my studies. I focused on doubles game because it was fun to breathe in sync with my partner. But we did not do so well in the competitions. At best, we were a third-round pick in local tournaments. I was not also doing so much well at school at the time because I was into club activity, neglecting my studies. But I did an instructor teaching math and science at junior high school and high school level for about three years at the time. I remember it gave me pleasure to teach to children.

私は東京理科大学に入学しました。電気工学を専攻しました。私はテニスサークルに所属していました。私たちのテニスサークルは、イベントを中心に活動していました。北海道のニセコスキー場に旅行に行き、スキーを楽しんだことは貴重な思い出です。そのため、テニスの練習に打ち込んでいるメンバーはほとんどいませんでした。しかし、私はテニスに夢中でした。勉強はそっちのけで、暇さえあればテニスに打ち込んでいました。呼吸を合わせるのが楽しくて、ダブルスに力を入れました。しかし、大会ではあまりいい成績が残せませんでした。せいぜい地元の大会で3回戦に出るくらいでした。また、当時は部活に夢中で勉強がおろそかになっていたので、学校の成績もあまりよくありませんでした。でも、当時3年間ほど、中学や高校で数学や理科を教える講師をやっていました。子どもたちに教えることが楽しくて仕方がなかったのを覚えています。

Late in my third year at college, our college made it a rule to conduct proficiency test. The contents of that test were electric circuit, electronic circuit and electronic magnetic. At the time, I tried to demonstrate my ability as much as possible. That test resulted in grade in the teens out of about 150 students. My confidence came over at the time and I decided to enter a graduate school. Our college made it a rule to belong to a lab class in senior college and to focus on research for a year at the time. I went to Ministry of International Trade and Industry Electronics Research Institute for a year at the time and I focused on acquiring engineering skills. I studied contents concerning Photovoltaic Materials. Finally, I was able to pass the national 1 type test and enroll in the Tokyo Institute of Technology Graduate School.

大学3年の終わり頃、うちの大学では学力診断テストを行うことが決まりました。その試験内容は、電気回路、電子回路、電子磁気でした。当時は、できるだけ自分の実力を発揮しようと思っていました。結果は、約150人中、10番台の成績。その時、自信がついたので、大学院に進学することにしました。私たちの大学では、4年生になると研究室に所属し、当時は1年間研究に専念することをルールとしていました。私は当時、通産省の電子技術総合研究所に1年間通い、技術力を身につけることに専念しました。太陽光発電の材料に関する内容を勉強しました。そして、最終的に国家1種試験に合格し、東京工業大学大学院に入学することができました。

At the time, our college made every effort to increase the number of students to work as government official of the 1st class. So I received following award by our college. I was so honored to receive this award.

当時、本学では、1級公務員になる学生を増やすことに全力を挙げていました。そこで、私は大学から次のような表彰を受けました。とても光栄なことです。

 

★ My graduate school days 私の大学院時代

I enrolled in the Tokyo Institute of Technology Graduate School. But, after I enrolled in this school, I was worried about my lack of ability. After that, I became pessimistic, and I was worried a little about something I would never have been concerned about before. Actually, I cannot look back on those days without feeling depressed. My research theme was to integrate ferroelectric into semiconductor device. At that time, in my free time, all I did was to complain about my research. I think I was starting to get some personal issues from those days. At that time, on summer vacation, I went on a trip to transverse Hokuriku-Kinki Region by a rent-a-car with my classmates. First of all, we went to Noroshiro light house at the northern most tip of ishikawa prefecture and stayed there all night in the car. The night view full of a lot of stars there took my breath away. After that, we enjoyed driving and did the sights of all over Hokuriku-Kinki Region such as Nachi Waterfall , Lake Biwa , Grand Shrine at Ise and so on. That is a precious memory of graduate school days. By the way, I managed to complete a masters degree.

私は東京工業大学大学院に入学しました。しかし、入学してから自分の能力のなさに悩むようになりました。それからは悲観的になり、今までなら気にしなかったようなことも少しは気にするようになりました。実は、当時を振り返っても、落ち込むことなくはいられません。私の研究テーマは、強誘電体を半導体デバイスに融合させることでした。当時は、暇さえあれば、研究の愚痴ばかり言っていました。この頃から、個人的な問題が出てきたのだと思います。その頃、夏休みに同級生とレンタカーで北陸・近畿縦断の旅に出た。まず、石川県の最北端にある“のろしの灯台”に行き、そこで一晩中車中泊をしました。たくさんの星が見える夜景に息をのみました。その後、那智の滝、琵琶湖、伊勢神宮など、北陸・近畿地方をドライブしながら観光を楽しみました。大学院時代の貴重な思い出です。ちなみに、私は修士課程を修了することができました。

★ My working life days 私の社会人時代

After I graduated Tokyo Institute of Technology Graduate School, I spent about three years doing semiconductor memory device development planning at Toshiba. During the training period, I went to Himeji Factory in order to train. At that time, I also went on a trip to transverse Shikoku by a rent-a-car with my colleagues on summer vacation. First of all, we rent a car at Okayama prefecture and crossed the Seto Inland Sea from Honshu to Shikoku via the Seto Ohashi Bridge. After that, we did the sights of all over Shikoku. We took a bath at Dogo Hot Spring, enjoyed eating Sanuki udon, toured many people who were practicing Awa Odori and so on. Also, we enjoyed several kinds of sightseeing spots such as Cape Ashizuri at the southern most tip of Shikoku and so on. I would say that it always gave me pleasure to drive all my life. In fact, It is a shame that I cannot look back on contents I worked without feeling depressed (laugh) . After I spent about three years working, I suffered from some personal issues and came back to my hometown.

私は東京工業大学大学院を卒業後、東芝で約3年間、半導体メモリデバイスの開発企画を担当しました。研修期間中は、姫路工場に研修に行きました。その時、夏休みに同僚とレンタカーで四国縦断の旅にも行きました。まず岡山県でレンタカーを借りて、本州から瀬戸内海を渡り、瀬戸大橋を渡って四国へ。その後、四国中の観光地を回りました。道後温泉で入浴し、讃岐うどんを食べ、阿波踊りの練習をしている人たちを見学したりしました。また、四国の最南端にある足摺岬など、いろいろな観光地を楽しみました。運転するのはとても楽しくいです。実は、仕事内容を振り返って憂鬱になることがないのが残念です(笑)。3年ほど仕事をした後、個人的な事情で故郷に戻りました。

★ My fighting against an illness 私の社会人時代

I‘ve suffered from some personal issues for about twenty years. So until a few years ago, I had been in a continuous state in apathy. And I haven‘t worked for a long, long time. In other words, I regret having wasted a great deal of my life. As soon as I left a company due to some personal issues, I came back to my hometown and I had been in hospital for about three months. After I discharged from hospital, I went to Tokyo University of Science about once a week to get a teacher‘s license for technical high school. I remember I had much trouble commuting to the college because negative symptoms began. However, I managed to get this license.

私は20年ほど前から、個人的な問題に悩まされてきました。だから、数年前までは無気力状態が続いていたんです。そして、長い長い間、仕事をしてこなかった。つまり、人生の大部分を無駄にしてしまったと後悔しているのです。個人的な問題で会社を辞めるとすぐ、地元に帰ってきて、3カ月ほど入院していたんです。退院後は、週に1回程度、東京理科大学に通い、工業高校の教員免許を取得しました。陰性症状が始まったので、大学へ通うのが大変だったのを覚えています。しかし、なんとかこの免許を取得することができました。

After that, although I tried to apply for a technical high school as an instructor, it resulted in failure. Then, I tried to apply for a couple of companies, These resulted in complete failure because I couldn‘t even introduce myself due to negative symptoms. After that, although I don’t know whether it was a side effect of medicine, I couldn’t express myself clearly so I kept myself from others for a long time. When I was in by far worst condition, I couldn‘t do daily chore such as blushing teeth, taking a bath and so on. When I took a bath, I felt like I had much trouble washing my body, so I sometimes kept sleeping in the bathtub for more than five hours due to escaping from harsh realities that I had to wash my body. I weighed about 80 kg at my fattest. But now I weigh about 60 Kg. I am so happy.

その後、工業高校に講師として応募してみたものの、結果は不合格。その後、何社か受けてみましたが、陰性症状で自己紹介もままならず、完全に失敗しました。その後、薬の副作用かどうかは分かりませんが、自分をはっきり表現できず、長い間、陰にこもってました。一番ひどい時は、歯磨きや入浴など、日常的なことができなくなった。お風呂に入ると、体を洗うのがとても大変で、体を洗わなければならないという過酷な現実から逃れるために、湯船の中で5時間以上眠り続けることもありました。体重は一番太っていた時で80kgくらいありました。でも、今は60kgくらいです。本当に幸せです。

In recent years, my condition has improved rapidly. Although I don‘t know the reason since I am not an expert, the reason for this is because I started to exercise from about seven years ago such as muscle training and aero bike and so on and I had my physician reduce the dosage of medicines. But, I don‘t do exercise so much since the pandemic of COVID-19 began. I couldn‘t help it. I will start to do things like that again, if the pandemic is over. I regained the desire to try various things. So whenever I become interested in something, I think I should give it a try. Thus, first of all, I got qualifications as .com Master ADVANCE★★ and Microsoft Office Specialist Master about three years ago.

ここ数年、体調が急激に良くなりました。専門家ではないので理由はわかりませんが、7年ほど前から筋トレやエアロバイクなど運動をするようになったことと、主治医に薬の量を減らしてもらったことが原因です。しかし、COVID-19の大流行が始まってからは、あまり運動はしていません。どうしようもないんですけどね。パンデミックが終わったら、またそういうことを始めようと思っています。いろいろなことに挑戦する意欲を取り戻しました。だから、何か興味を持ったら、やってみようと思うんです。そこで、まず3年ほど前に「.com Master ADVANCE★★」と「Microsoft Office Specialist Master」の資格を取得しました。

 

Also, I decided that I needed to study and conquer English conversation, which is something that I had always felt I was not good at, and had therefore avoided studying.

また、これまで苦手意識があり、避けていた英会話も勉強して克服しなければと思いました。

★ My short term goal in the near future 近未来の短期的な目標

Actually, my dream for the past few years was to become an instructor to teach math, science and English at the elementary and junior high school level. I‘ve made every effort to make my dreams come true for the past few years. But I became aware that I gave many people a lot of trouble due to my personal issues. So I decided to put aside my dream of becoming an instructor to teach to children. It‘s still uncertain how I should do for a living from now. I want to spend some time pursuing how to live for the time being. In my short term goal, I‘ll focus on learning English until I gain English fluency. I could get 785 points on the TOEIC L&R about a year ago.

実は、ここ数年の夢は、小中学校で数学、理科、英語を教える講師になることでした。この数年、夢を実現するためにあらゆる努力を重ねてきました。しかし、個人的な問題で多くの人に迷惑をかけていることを自覚するようになりました。そこで、子どもたちに教えるインストラクターになる夢は、一旦、あきらめることにしました。これからどう生きていけばいいのか、まだわからない。当面はどう生きていくかを追及することに時間を費やしたいと思っています。短期的な目標としては、英語ができるようになるまで、英語の勉強に力を入れたいと思います。1年ほど前にTOEIC L&Rで785点を取ることができた。

I am proud of this result. But, I am not very good at speaking skills. I‘ll do my best to conquer this weak point of mine. It‘s still up in the air whether I‘ll try to become an instructor again or not. By the way, all I have to do is to gain English fluency for the moment. That‘s all.

この結果には自負があります。しかし、私はスピーキングがあまり得意ではありません。この苦手な部分を克服できるように頑張ります。またインストラクターになるかどうかはまだ未定です。ちなみに、当面は英語が流暢に話せるようになればいいんです。それだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。