言語能力

私は英語学習を始めて、かれこれ4年は経つでしょうか?4年もかけてようやくTOEIC L&R で785点をとることが出来ました。ようやくです。はやい人では片手間にやって1年で800点を超す人もいます。私はお医者さんに言語能力はないというお墨付きを頂きました。しかし、私は持って生まれた能力はそんなに価値のあるものとは思えないのです。なぜなら、その能力は最初から与えられているものであって、自分で勝ち取ったものではないからです。宝くじに当たったようなものですよね。宝くじに当たったお金はありがたみがなく、すぐに使ってしまい無くなってしまうといいますよね。では、何に価値があるのでしょうか?私は与えられた能力をその能力の範囲内で出来るだけ引き出すというプロセスに価値があるのでは?と思っております。なので私はこれまで英語学習に頑張ってこれたことに誇りを持っております。そしてこれからも地道にコツコツと英語学習を続けていこうと思っております。当面の目標は苦手とするスピーキングの底上げです。これから最低でも1年はかけてコツコツと頑張っていきたいと考えております。私には世に言うブレークスルーのようなものはおこらないと思っております。しかし、プチブレークスルーのようなものはたまに感じることがあります。コツコツと続けているとその分野において吸収率が上がると感じることが少しあります。まあ、このようなもんです。英語学習はたぶん一生続けていくのではないか?と考えております。そして言語能力が無い私でもここまではこれたといつの日か思えたらいいなと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。